ネットワークエンジニアのキャリア形成

どんな職種であっても経験を積まなければ成功はつかめないものだ。とりわけ現代はネットワークサービスが一般化しており、エンジニアのキャリアパスも一昔前と比べると大きく様変わりしていると言える。技術革新のスピードが速い業界であり、キャリアパスは常に努力をしていなければ難しい職種であるが、ネットワークエンジニアにとっては特にさまざまなネットワーク関連の資格が新たに設置されている点は注目してよいところだ。

それまで、目立った資格がなかったネットワーク関連の職種にあってさまざまな種類の資格が設置されることはキャリア形成をよりしやすくなるということであり、ネットワークエンジニアのキャリアパス事情をより改善させるということに繋がる。しかしそうはいっても、資格の取得だけではキャリアの形成を図るのが難しいというのが現状だ。

そうした技術関連の知識だけでなく、いかに現場で経験を積んだかがエンジニアの能力の指標となるからだ。ネットワークエンジニアのキャリアはまず監視から始まるのが一般的だ。通信系やプロバイダ系の企業でネットワークの監視から保守などの業務をこなしていくことで、そのキャリアの第一歩を踏むのである。この際、その後のキャリア形成のためにどれだけ業界知識や技術知識を身に付けられるかが重要だ。こうしたネットワーク監視から始めて、そのあとは運用、構築、そして設計へと移行していくのが、王道的なキャリアアップの手順とされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です