ネットワークエンジニアの将来性と資質

ネットワークエンジニアは通信システムの構築を担当する重要な存在である。この技術職の役割はシステム設計からプログラミング等の作業に及ぶ事もあり、企業で通信機能が問題なく稼動するように各種設定やメンテナンスも行う。また、大手企業では情報漏洩を防ぐ為に強固なセキュリティシステムを構築する事も大切で、システムの稼働状況を監視する役割を担う職種でもある。

そのため、インフラ関連の技術だけではなくプログラミングやセキュリティ等の複数の領域を把握している人材が任命される事が一般的である。特に、大手企業では既に膨大な量のデータベースを保有し情報量が年々増加していることからサーバーの増築が急がれているケースが多い。従って、システムの増築に伴いアプリケーションの更新作業やアップデート等も定期的に必要になり、システムの更新の際には大変多忙な時期となる。そのため、ネットワークエンジニアはプログラマーやシステムエンジニアとしての経験を積んだ社員が担当する事が多いのが現状だ。

ネットワークエンジニアのキャリアパスとしては、将来的に社内でプロジェクトマネージャーなどのマネジメント的な仕事に就くことが大半である。このように管理職となることが前提とされるのでリーダーとしての資質も要求されるスキルとなる。社内のネットワークを管理するエンジニアは社員の必要とするシステム内容をヒアリングしてシステムの構想を立てる。そのため、コンサルティングから得られた情報を元に理想とされるネットワークを考案する能力も重要視されているのだ。

今後もますますネットワークの複雑化が進み、エンジニアのスキルアップが要求されると予測されている。ネットワークエンジニアとしてのキャリアの進め方や有利となる資格に関する情報は、「キャリアパス大研究!ネットワークエンジニア編」に詳細が掲載されている。このような専門サイトで情報収集することでイメージをまとめ、自分が納得するキャリアを歩むことができるようになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です